top of page

1:2個別と1:1個別の違い

加古川で自分で頑張りたい生徒を応援する学習室スピカです。


集団指導の塾では、ついていけないから、自分のペースで進められないからというときに、個別指導を選択することがあります。個別指導で特に多いのが、1:2指導というもの。本当は1:1指導のほうが良いでしょう。

「1:2個別」と「1:1個別」は、教育や指導の場面で用いられる用語で、指導者(講師、教師、家庭教師など)と生徒の比率を示しています。それぞれの違いは以下の通りです。

1:2個別指導

  • 定義: 1人の指導者が同時に2人の生徒を指導する形式です。

  • メリット:

  • 相互学習: 生徒同士が互いに質問し合ったり、助け合ったりすることで学び合うことができます。

  • 費用対効果: 通常、1:1指導よりも費用が抑えられることが多く、保護者にとって経済的なメリットがあります。

  • 指導者の効率: 1人の指導者が2人の生徒を指導するため、教室運営の効率が上がります。

  • デメリット:

  • 個別対応の限界: 指導者が2人の生徒を同時に見るため、個々の生徒に対して完全に個別対応することは難しくなります。

  • ペースの調整: 生徒の理解度や学習ペースが異なる場合、それに応じた調整が必要であり、全員が同じペースで進めるとは限りません。

1:1個別指導

  • 定義: 1人の指導者が1人の生徒を指導する形式です。

  • メリット:

  • 完全な個別対応: 生徒の理解度や学習ペースに完全に合わせた指導が可能です。個々のニーズに対応しやすいです。

  • 集中力の向上: 生徒が指導者に対して全ての質問を直接できるため、集中力が高まりやすいです。

  • パーソナライズド学習: 指導内容を生徒の強みや弱みに応じてカスタマイズできるため、効果的な学習が期待できます。

  • デメリット:

  • 費用が高い: 1:1指導は通常、1:2指導よりも費用が高くなるため、保護者にとって経済的な負担が大きくなることがあります。

  • 社会的スキルの機会減少: 他の生徒と一緒に学ぶ機会が少ないため、コミュニケーション能力や協調性を育む場面が限られます。

選択のポイント

どちらを選ぶかは、生徒の学習スタイルやニーズ、家庭の経済状況、指導内容などによって異なります。1:1個別指導は特に個別対応が重要な場合に有効であり、1:2個別指導は相互学習の利点を生かしつつ、費用対効果を重視する場合に適しています。


学習室スピカでは、1:1個別指導のみを個別指導と考えており、問題演習を重視し、解き方を教えます。まずは、体験授業受けてみませんか。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page