top of page

自立学習とは

自立学習(じりつがくしゅう)とは、学習者自身が主体となり、計画を立て、自分のペースで学習を進める方法です。この学習方法は、外部の指導者や環境に依存せず、自らの目標や興味に基づいて学ぶことを重視します。自立学習の特徴やその効果、実践方法について詳しく説明します。

自立学習の特徴

  1. 自己主導: 学習者が自分で目標を設定し、計画を立てて学習を進めます。

  2. 自主性の尊重: 自分で学ぶ内容や方法を選び、自分のペースで進めることができます。

  3. 自己評価: 定期的に学習の進捗や成果を自己評価し、必要に応じて計画を修正します。

  4. 問題解決能力: 自分で調べたり、考えたりして問題を解決する力が養われます。

自立学習のメリット

  1. 自主性と責任感の向上: 自分で学習を管理することで、主体的に学ぶ力と責任感が養われます。

  2. 柔軟性: 学習の時間や場所を自由に選べるため、生活スタイルに合わせた学習が可能です。

  3. 興味と関心を追求: 自分の興味や関心に基づいて学べるため、学習意欲が高まります。

  4. 長期的な学習習慣の形成: 自分のペースで続けられるため、長期的な学習習慣を形成しやすいです。

自立学習のデメリットとその克服方法

  1. 自己管理が難しい:

  • 克服方法: 学習計画を立てる、タイマーを使う、学習アプリを利用するなどして、時間管理や進捗管理を行う。

  1. モチベーションの維持が難しい:

  • 克服方法: 小さな目標を設定し、達成するたびに自己報酬を与える。学習仲間やオンラインコミュニティを見つけて、互いに励まし合う。

  1. 理解が不十分な部分が残る:

  • 克服方法: 必要に応じて参考書やオンラインリソースを活用し、わからないことは調べる習慣をつける。疑問点を記録して、後で専門家に質問する。

実践方法

  1. 目標設定: 長期的な目標と短期的な目標を明確にします。

  • 例: 「数学の試験で90点以上を取る」「毎日1時間英語を勉強する」

  1. 計画の作成: 週間計画や月間計画を立て、具体的な学習内容を決めます。

  • 例: 週ごとの学習トピック、毎日の学習スケジュール

  1. 学習環境の整備: 静かで集中できる場所を確保します。

  2. 学習方法の多様化: 音読、要約作成、図表の活用、フラッシュカードなど、様々な方法を取り入れます。

  3. 自己評価とフィードバック: 定期的に学習の進捗を評価し、必要に応じて計画を修正します。

  4. リソースの活用: オンラインコース、図書館、学習アプリなど、様々なリソースを活用します。

まとめ

自立学習は、自分のペースで学び、自主性や問題解決能力を高めるための有効な方法です。計画的かつ継続的に取り組むことで、学習効果を最大化することができます。自己管理が難しい場合は、タイマーや学習アプリを利用するなどの工夫を取り入れ、自分に合った学習スタイルを見つけることが重要です。


ところが、自立型個別指導とは、その逆で、管理者が主体となり、計画を立て、教科学習を自分で進める方法のことを指します。これでは、自主性や問題解決能力を高めることができません。

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page