top of page

テストの復習

まずは、テストの復習の一般的なやり方です。

以下にいくつかのポイントを挙げます。

1. 間違いの分析

  • 間違えた問題を確認:どの問題で間違えたのかを特定します。

  • 原因を特定:なぜ間違えたのか(知識の不足、問題の読み違え、計算ミスなど)を分析します。

2. 解説を読む

  • 解説を理解する:解説をしっかりと読み、理解します。解説を読むことで、自分がどこで間違えたのか、正しい解法は何かを確認します。

  • 自分の言葉で説明:解説を理解した後、自分の言葉で説明できるかどうか試します。理解が深まります。

3. 再度解く

  • 同じ問題を解く:もう一度間違えた問題を解いてみます。解説を読んでから時間を置いて解くことで、理解度を確認できます。

  • 類似問題を解く:同じテーマやタイプの問題を解くことで、知識の定着を図ります。

4. 知識の整理

  • ノートにまとめる:間違えたポイントや新しく学んだことをノートにまとめます。視覚的に整理することで、記憶に残りやすくなります。

  • フラッシュカードの作成:重要なポイントや問題をフラッシュカードにして、繰り返し復習します。

5. 定期的な復習

  • スケジュールを立てる:定期的に復習するスケジュールを立て、忘れにくくします。エビングハウスの忘却曲線に基づいて、1日後、1週間後、1ヶ月後に復習するなど。

6. 他人に教える

  • 他人に教える:友達や家族に教えることで、自分の理解が深まり、知識が定着します。教えることで、自分の弱点も再確認できます。

これらのステップを踏むことで、テストの復習が効果的に進み、次のテストに向けての準備が整います。


一番重要ことは、正しい解き方を学習(インプット)するのです。おそらく、自分で考えても解き方は導かれるはずありません。多くの学習塾では、考える力をつけるためとごまかし、解き方を教えません。

解き方をインテイク(定着)し、プルアウト(引き出す)できるようになったら、解き直し(アウトプット)をしましょう。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page